ビッグベンを白いペンキで塗りつぶす抗議に参加したヴィーガン活動家を、ボロクソに言い負かすwww

文化
📰今読まれている記事

【動画概要】

30秒で分かる動画内容

・22年7月9日、アニマル・ライジング(旧アニマル・リベリオン)という活動集団が、酪農産業への抗議の一環として、ビッグベンの外壁や門にミルクを表す白いペンキをスプレーした。

・アニマル・リベリオンはイギリスに本拠を置く動物愛護集団であり、「あらゆる形態の動物の苦しみに終止符を打つために直接行動を起こす」と掲げており、動物性食品産業の妨害などを行なっている。

・22年9月8日には、オーストラリアの保守系ニュースチャンネル『スカイ・ニュース・オーストラリア』に、ビッグベンでのヴィーガン抗議活動の参加者が出演。

・番組の司会者ピアーズ・モーガンは、「アーモンド」や「アボカド」を食べるヴィーガンに対し、「それらを作るのにミツバチが大量死していることを理解していない」と言って痛烈に批判。最後にはヴィーガンの目の前でビッグマックを食べてみせた。

引用元:https://youtu.be/U8q5WVCTXkk?si=McUHghhUyj17Dhqt

【海外の反応】

1:海外の反応
・歴史的建造物を破壊することは犯罪であり、抗議活動ではありません。なぜ彼らは逮捕されないのでしょうか。
→全員が逮捕されることを願っている。見ているとハンバーガーが食べたくなるよ。美味しい赤身肉をね。
※23年10月8日にビッグベンでの抗議活動参加者3名が有罪判決を受けています。


2:海外の反応
・歴史ある素晴らしい都市で、このような迷惑行為をして、本当に腹立たしい。


3:海外の反応
・司会者「アーモンドミルク飲みますか?」⇒ヴィーガン「パキスタンには3000万人がおり…」
 司会者「アボカドを食べますか?」⇒ヴィーガン「有力な研究では…」
 全く質問に答えてない。
⇒彼女は自分が間違っていると分かっていたから、答えたくなかったんだろう。


4:海外の反応
・法律違反してるわけじゃないし、他人が何を食べるかなんてコントロールできない。抗議活動をもっと平和的な方法で行えば、少しは変わるかもしれない。少なくとも一部の人は耳を傾け、同情的な人も出てくるだろう。だけど、誰かに強制したり、公共の迷惑を起こしたりすることは決して許されない。


5:海外の反応
・うわー、彼女は真のサイコパスだ。 なんだか攻撃的な一面を感じるよ。


6:海外の反応
・私も一時期(合計9か月間)、ヴィーガンでした。ある映像を見て動物を食べれなくなったからです。その頃は栄養士にも相談して体に必要なものを確実に摂取できるようにしましたが、最終的にはニキビ、消化器系の問題、過度の体重減少に見舞われました…。 病院では貧血とも診断されました。


7:海外の反応
・ビッグマックが今までにないくらい美味しそうに見える。


8:海外の反応
・私は両方の主張に同意できる。ピアーズは彼女の主張を聞くために彼女を連れてきたはずなのに、彼女に話をさせず、彼女の目の前で肉を食べた。彼はこのインタビューで非常に失礼な態度だったと思うよ。双方が自分の意見を十分に伝える機会を持つべき。
→その通り!💯


9:海外の反応
・アーモンドとアボカドの栽培は水を大量に消費し、米国西部とメキシコの地下水面枯渇の主な原因となっています。それに対する抗議はありませんね……。


10:海外の反応
・私はまだ子供だけど、この司会者のおかげでニュースを見るのが楽しくなったよ。


11:海外の反応
・彼女は台本以外のことを実際には何も知らないから、学習した台本に基づいた議論から逸れることができないのだろうね。彼女には反論の余地がなく、偽善を示している。


12:海外の反応
・この女性、これ以上議論したらきっと泣いちゃうよ。
→そう?めちゃくちゃ冷静に見えるけど。


13:海外の反応
・ピアーズ・モーガンのインタビュー至上、1番面白いかも! 可哀想なミツバチが画面に映るたび、感傷的な音楽が流れてきて、思わず笑ってしまったよ。最後のハンバーガーを食べるところも本当に面白かった! 😂


投稿者
投稿者

畜産動物の屠殺場の映像を見ると非常に残酷ですし、動物達が可哀想というヴィーガンの主張はよく理解できます。ただ、ヴィーガンの抗議活動の手法ついて、落書きや器物損壊、スーパーで食品をぶちまけるなどの迷惑行為が多い印象ですが、もっと違う平和的なやり方で自分たちの意見を主張してほしいですね。動物達の命をいただいて生きているということを忘れず、動物達の命に敬意と感謝を込めて「いただきます」「ごちそうさまでした」を言うようにします。

コメント