【海外の反応】ジャニーズ事務所が性加害問題を認めた会見について

芸能

【動画概要】

日本ポップ界のスターを数多く生み出した故ジャニー喜多川氏が、創業したジャニーズ事務所の所属タレントに性加害を繰り返していた。
ジャニーズ事務所は2023年9月、記者会見を開き、喜多川氏による性加害を初めて認めて謝罪。藤島ジュリー景子社長は辞任を発表した。

この問題はBBCでもニュースに取り上げられており、海外からも多くのコメントが寄せられていましたのでご紹介いたします。

引用元:https://youtu.be/kn8-M3HSNI4?si=g8xnkVH3GrSFo5bq

【海外の反応】

1:海外の反応
・これを取り上げてくれたBBCには感謝。 日本のメディアの記者たちは、怖がる中学生のような表情で記者会見に並んでいて情けない。日本の報道レベルは低能で無能。 真実を世間に伝えることよりも、政治家や企業のご機嫌取りに重点を置きすぎている。


2:海外の反応
・ジャニー氏の死後にこのような騒動が起こっていて、疑念を抱いている。ジャニー氏を擁護した人たちも、ジャニー氏本人も罰せられることはないし、なんだか、国民をなだめるための薄っぺらい会見のようだ。日本には、従業員が上層部から虐待されたときに無力感を感じる文化がまだ残っています。
→この問題について最初に発言した元ジャニーズJr.の岡本カウアンさんは、芸能界ではAKBなど女性アイドルの性的虐待が増えていると主張していました。なぜメディアはこれを報道しないのでしょうか。


3:海外の反応
・この会社は閉鎖され、指導者は刑務所に入れられるべき。長年にわたる隠蔽と政治的保護。まったくうんざりする。


4:海外の反応
・ハリウッド、ボリウッド、その他の地域の人材業界だけの問題ではありません。 これは世界的な問題であり、正面から取り組む必要があります…。権力を乱用する門番は、その行為に対して特別に厳しく罰せられるべきです!


5:海外の反応
・このスキャンダルを暴露してくれたBBCに感謝します。 私は日本人ですが、閉鎖的な日本のメディアやエンターテイメントがずっと嫌いでした。 被害者が米国の裁判所に訴訟を起こし、機関が閉鎖されることを願っています


6:海外の反応
・日本国民もこれが起こっていることを何年も前から知っていました。 日本のアイドルからバーニングサンスキャンダルの韓国アイドルまで、隠れた虐待はたくさんあります。アーティスト達はとても熱心に働いており、彼らの音楽は自分自身を愛し、人々に自分自身について良い気分を与えることを訴えています。今後、この件について話すことが決してタブーではなくなり、アイドルやタレントがこの件を報道した際の反発から守られることを祈りましょう。


7:海外の反応
・BBCさん、本当にありがとうございました。 日本には全く存在しない正真正銘のニュースメディアです。 これからもジャニーズ事務所の問題を報道してほしい


8:海外の反応
・日本のメディアにとってはタブーだった悲劇的で重大な問題を英国国外で放送してくれて、日本人として感謝します。ついにジャニーズ事務所が記者会見を開きました。長い道のりでした。ジャニーズと日本のメディアを健全にするための第一歩となると思います。


9:海外の反応
・性加害問題については国民も噂で知っていましたが、最終的にジャニーズ事務所がそれを認めたことを嬉しく思います。 被害に遭われたすべてのジャニーズの方々に心よりお見舞い申し上げます。


10:海外の反応
・多くの若者が何十年にもわたってジャニー喜多川氏から繰り返し性的虐待を受けてきたなんて…。悲しいね。


11:海外の反応
・マスメディアは何十年もの間、あのプレデターを隠蔽してきた。今まで日本のメディアはそのことを重視せず、あたかもジャニーズタレントが無実であり、芸能界でチャンスを与えて当然であるかのように擁護してきた。 日本のマスメディアは信用できない。


投稿者
投稿者

性加害問題を隠蔽していたジャニーズ事務所、知っていながら報道しなかったメディア、本当にうんざりですね。被害者への救済・今後の所属タレントの動向など、まだまだ注目です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました